読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蜜柑山の急斜面

日記です。

どこまで

演劇 アート

昨日、横浜の赤レンガ倉庫に「日輪の翼」を見にいった。

劇が終わって帰るとき、前を歩いていた二人連れの男子のうちのひとりが、「俺、なにが起こっているかなにひとつわからなかった」と言っていた。

あとでツイッターで検索すると、いろんな見識のある人たちが、中上健次のことを書いていたり(『日輪の翼』は中上健次の小説だ)、「路地でやったら面白い」「皇居前広場でやったら中上も面白がるだろう」みたいなことをつぶやいていた。

私個人としてはなるほどそれは面白そうだと思うが、だからなんだって言うのだ。とも思う。「なにひとつわからなかった」と言った彼が学生なのか働いているのかもわからないが(この公演の情報にアクセスできてわざわざお金を払って見ているということはそれなりに文化資本を持っているのだとは思うが)、彼はこの夜のことを忘れてしまうのだろうか。それとも中上健次の本に手をのばしてみたりするのだろうか。

remain or leave

なんか、今日1日の出来事だけですごい金融ドラマがつくれそう。

言葉

夜10時すぎ、窓の外から聞こえてきた、男の子とおばあちゃんの声。

「おやすみなさーい」

「おやすみなさい、また明日の朝ねー」

また明日の朝ね。なんといういい言葉だろう。いったんお別れだけど、また明日会いましょうね。この約束があるからこどもは安心して眠れる。世界は消えない。明日も続いているんだ。

理想

力を入れずに持ち上げられるくらい指になじんで、口をつけたときの厚みもほどよく、すこし傾けるだけで液体がするすると入ってきて、置いてあるだけでうれしくなっちゃうような姿形。そういうマグカップが欲しい。

合わせて

社会

masterlow.net

news.yahoo.co.jp

イフ

テレビ

もし家康が江戸へ移封されなくてずっと三河におって、三河に幕府ができとったら、いまどうなっとったんかなあ。(「真田丸」にはまっていることがバレバレのつぶやき)

 

ツイッターで、「真田丸」視聴者が東国武士/西国武士で盛り上がってたり、幕末大河で長州だ会津だで盛り上がってたりするのを見ると、そこまで熱くなれないのは尾張出身だからかとしみじみ思うなあ。なんだかんだ言って中央に近いのよねえ。どうでもいいけど「真田丸」の小日向文世さんと鈴木京香さんの名古屋弁には好感が持てる。

とと姉ちゃん

テレビ

常子(モデルは大橋鎮子さん)が出版社に採用された。私の「とと姉ちゃん」はようやく今日から始まる。

けど、すでにぐっさん(社長)が「うちは人使いが荒い」って言ってたし、出版社のブラック性が早々に暴露されそう(笑)。

新聞のいいところ

言葉

新聞記事のいいところは、「コスパ(費用対効果)」みたいに、流行り言葉に律儀にカッコ書きをつけるところ。いいなあ。カッコ書き大好き。一部の世代にしか通じないジャーゴン、雑誌とかがあからさまに流行らそうとしてる言葉には、自分も積極的にカッコ書きをつけていきたい。みんなに通じる言葉で書きたい。