蜜柑山の急斜面

日記です。

私は最近、ものすごく誰かに悩みを相談したくて話を聞いてもらいたいのだが、返ってくる答えの大半は、答えている人がその人自身の生活信条を開陳しているだけだ。そんなことはこちとらどっかの自己啓発本や意識高い系のウェブメディアで散々読んでんだ。おれの世俗的な情報量をなめんな。って、まあ、友人に聞き役を期待する私が悪いんだけど……。でもなかには、バツッとパンチのあることを言ってくれる人がいて、そういう人はまじですげえなと思う。

頭のなかに想念があふれて窒息しそうになる。このままではまじでほんとにダメな気がする。体を動かさないと……

追記 上記の考えが大変罰当たりでわがままであることは自覚しており、実際の行動では言われた通りにプチトマトを買ったりしているのであった。