蜜柑山の急斜面

日記です。

エネルギー

冬の室内温度、世界と比べて日本寒すぎというニュースが出てた。ロシアの24℃をはじめ、20℃前後の地域が多い。たしかに、少しでも省エネと思ってうすら寒い部屋に住んでるけど、暖房つけないわけにはいかないのでそれなりに電気代はかかる一方、うすら寒いがために身体のパフォーマンスは落ちる。朝寒くて布団から出られないとか、夜ブランケットにくるまったるまま動けないとか。どうなの、これは?無意味な我慢大会なんじゃないの?むしろエネルギー文明の恩恵でがんがんあっためてパフォーマンスを上げたほうがいいんじゃないの?!

昨日のNスペを見た

もやもやをしてまた森山さんのブログを読みに行ってしまった。

https://www.moriyamakenichi.com/2018/05/blog-post.html?m=1

やっぱりあれは一種のリアリティーショーだったのではないかと思う。アルピニズムがあるようには見えない。

近代登山はスポーツ登山と言われる。彼はなんのために登ってたんだろうとと考えるにつけ、「いだてん」第1回の嘉納治五郎の「楽しいの?楽しくないの?」の台詞を思い出す。