蜜柑山の急斜面

日記です。

演劇

ソウル市民

こまばアゴラ劇場で「ソウル市民」見た。やっと見れた。面白かった。途中でちょっと疲れて集中力が切れたけど、幕が降りたあとはなんか「いいもん見たな〜」って感じでニコニコしてしまった。「演劇史的にエポックメイキングな作品」という知識があるから?…

ハングマン

さいたま芸術劇場で「ハングマン」見てきた。脚本マーティン・マクドナー、翻訳小川絵梨子、演出長塚圭史。主演田中哲司。おもしろかったー。みなさんセリフが聞き取りやすい。うまい方ばかりなので俳優さんの演技を味わう感じもあり。 たしか「スリービルボ…

切られの与三

コクーン歌舞伎「切られの与三」見てきた! 主演中村七之助さん。補綴に木ノ下歌舞伎の木ノ下裕一さんが入るということで、これは見なければ!と。 18:30開演、休憩2回挟んで21:45ごろ終演という比較的長い上演。一幕こそ疲れもあってうとうとしてしまったの…

エビング

ようやく「スリービルボード」見た。マーティン・マクドナーの舞台は「ロンサム・ウエスト」しか見たことがないがものすごくマーティン・マクドナーな映画だった。「ハングマン」がたのしみだ。

むー

自分が全然面白いと思えなかった作品への絶賛がSNSに並んでおる。

不幸なのは、「戯曲」を発表する媒体がほとんどないことだ。上演さえ決まっていないテキストを、「戯曲」として読むことのできる場所がないことだ。 第60回岸田國士戯曲賞選評(2016年) - 白水社

部屋に流れる時間の旅

チェルフィッチュ「部屋に流れる時間の旅」@シアタートラムを見た。いつも舞台を見たあとは、みんなの意見を聞いてみたくてSNSを検索したりするんだけど、今回はなんか、感想の交換をしたくない気分です。自分の中に閉じ込めておきたい。すくなくともしばら…

木ノ下歌舞伎「東海道四谷怪談ー通し上演ー」

木ノ下歌舞伎「東海道四谷怪談ー通し上演ー」。三幕、6時間。有名な伊右衛門・お岩だけでなく、出てくる人出てくる人ひとりひとりみんな息が吹き込まれていた。「何がしたかったんだ、俺は…!」の台詞はすごい心の叫びだし、「東海道四谷怪談」がそんなヒリ…

ライン長

「ひよっこ」を見てて、みね子が働くことになった向島電機のライン長(「松下明」という)、演じる俳優さんがめちゃめちゃうまい。見るたびにうまいので誰だこの人はと思って調べたら、奥田洋平さん、サンプルに出てる人だった! 青年団出身のバリバリの舞台…

「劇場」

又吉直樹「劇場」(新潮)を読んだ。おもしろかった。主人公には「鈴木忠志を見ろ! インタビューを読め!」と言いたい。

faifaijapan.blogspot.jp

アイドル

(ダメだ、数時間おきに、大好きだった亡くなった人の名前で検索してしまう。わたしは何か言う立場にはないけど(ないからこそ)、親交のあったみなさんからぽろっとこぼれるような小さなエピソードのひとつひとつを拾い集めてしまう。。) (彼は私の人生最…

www.thestage.co.uk

売り切れ

通院したり入院したりするあいだに、木ノ下歌舞伎の「隅田川・娘道成寺」@こまばアゴラのチケットが売り切れていた……。ショック……。

「永い言い訳」

「永い言い訳」は、本木雅弘も竹原ピストルさんも子どもたちももちろんいいんだけど、岩井秀人がいいんだよ、誰か岩井秀人の話ししてくれよ! と思っていたら、TVBros.が西川監督と岩井さんの対談をのせてくれてた。さすがブロス。そして黒木華が演じた役の…

とよはしへ

「いい舞台は関東と関西ばかりでうちの県にこないわー」と思っている中部県民のみなさま、木ノ下歌舞伎が愛知へ行きますよ。

勧進帳

まつもと市民芸術館で、木ノ下歌舞伎「勧進帳」を見ました。まさかの、せつなくて泣けちゃうようなお話でした。チラシにあった「ボーダー」の意味が腑に落ちた。歌舞伎の勧進帳のリクリエイトなので、弁慶、義経、富樫など登場人物は同じです。が、弁慶役を…

どこまで

昨日、横浜の赤レンガ倉庫に「日輪の翼」を見にいった。 劇が終わって帰るとき、前を歩いていた二人連れの男子のうちのひとりが、「俺、なにが起こっているかなにひとつわからなかった」と言っていた。 あとでツイッターで検索すると、いろんな見識のある人…

言葉

「ニッポン戦後サブカルチャー講座III」の第2回を見た。 風間くんが「(笑)→w→草」の例をあげて「言葉は言うものではなく、見るものになったんだな」と指摘したことに激しく首肯。風間くんが言ったことと少しずれるかもしれないけど、私は、LINEやfacebook…

ヤスケンさん

キョンキョンの明後日プロデュース第一弾の舞台の相手役が安田顕とかチケットとれる気がしない。

見たいやつメモ

モランディ 鶴来 →ミツメは土日限定オープン

「焼肉ドラゴン」見に行かなきゃ。

ビッグイシュー

ちょっと思い付いたのでメモ。昨日ある人と「God Bless Baseball」がすばらしかったっていう話をしていたのだが、そういえば去年は、GBB以外にも、同じくF/Tで上演された「颱風奇譚」(いずれも国際共同制作)、秋の「あたらしい憲法のはなし」など、政治的…

今年みたもの

1/2 さすらい姉妹 1/3 さすらい姉妹 1/4 さすらい姉妹 1/13 エッグ 3/13 藪原検校 3/15 木ノ下歌舞伎 4/26 天使バビロンに来る/メフィストと呼ばれた男 5/1 幕が上がる 5/9 アンドロイド版変身 5/26 わが星 5/28 再生 6/19 黒船前後 6/25 新・冒険王 6/28 …

世界の果てからこんにちは

というわけで、1.5日の弾丸ツアーで富山へ行った目的は、SCOTの「世界の果てまでこんにちは」を見ることだったのでした。すごく面白かった。 <a href="http://www.scot-suzukicompany.com/works/09/" data-mce-href="http://www.scot-suzukicompany.com/works/09/">世界の果てからこんにちは - 鈴木忠志構成・演出作品 / SCOT SUZUKI's Works</a>www.scot-suzukicompany.com 演劇好き…

転校生

「転校生」(作:平田オリザ、演出:本広克行)の公開ゲネプロを見る機会に恵まれました。いろいろ感じたことはありますが、私が見たのはあくまでゲネプロなので、本番をちゃんと見たら考えをまとめるとして、思い出したのは、舞台作品を見る時の視点の置き…

GVG

昨夜、「2015年劇団☆新感線35周年 オールスターチャンピオンまつり『五右衛門vs轟天』」を見てきました。公演名が長いけど全部意味があるんだす。期待にたがわぬキャラまつりで、笑った笑った。轟天シリーズや紅天狗シリーズのキャラでわからないのもあった…

「S/N」

ダムタイプ「S/N」上映会@東大本郷キャンパス。ダムタイプの伝説の作品。上演は1992年から数年間、日本だけでなく世界各国で行われたらしい。映像は1995年のもの。見れてよかった。 dumb type S/N 1/2 - YouTube

NEWシネマ歌舞伎「三人吉三」

中村勘九郎、中村七之助、尾上松也が出演したコクーン歌舞伎「三人吉三」の映画版。カメラワークも編集も映画にすることを考えられている、れっきとした映画でした(劇場中継みたいなのとは違う)。3時間超の舞台を2時間ちょいに縮めてある。「興味はあるん…

『再生』

岩井秀人×快快「再生」@KAAT すごく楽しかった。何がといって、音楽と踊りが。音と動き。ってすべてじゃん! 言葉なんていらんかったんや! うおおおお!(錯乱)