読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蜜柑山の急斜面

日記です。

faifaijapan.blogspot.jp

アイドル

(ダメだ、数時間おきに、大好きだった亡くなった人の名前で検索してしまう。わたしは何か言う立場にはないけど(ないからこそ)、親交のあったみなさんからぽろっとこぼれるような小さなエピソードのひとつひとつを拾い集めてしまう。。) (彼は私の人生最…

www.thestage.co.uk

売り切れ

通院したり入院したりするあいだに、木ノ下歌舞伎の「隅田川・娘道成寺」@こまばアゴラのチケットが売り切れていた……。ショック……。

「永い言い訳」

「永い言い訳」は、本木雅弘も竹原ピストルさんも子どもたちももちろんいいんだけど、岩井秀人がいいんだよ、誰か岩井秀人の話ししてくれよ! と思っていたら、TVBros.が西川監督と岩井さんの対談をのせてくれてた。さすがブロス。そして黒木華が演じた役の…

とよはしへ

「いい舞台は関東と関西ばかりでうちの県にこないわー」と思っている中部県民のみなさま、木ノ下歌舞伎が愛知へ行きますよ。

勧進帳

まつもと市民芸術館で、木ノ下歌舞伎「勧進帳」を見ました。まさかの、せつなくて泣けちゃうようなお話でした。チラシにあった「ボーダー」の意味が腑に落ちた。歌舞伎の勧進帳のリクリエイトなので、弁慶、義経、富樫など登場人物は同じです。が、弁慶役を…

どこまで

昨日、横浜の赤レンガ倉庫に「日輪の翼」を見にいった。 劇が終わって帰るとき、前を歩いていた二人連れの男子のうちのひとりが、「俺、なにが起こっているかなにひとつわからなかった」と言っていた。 あとでツイッターで検索すると、いろんな見識のある人…

言葉

「ニッポン戦後サブカルチャー講座III」の第2回を見た。 風間くんが「(笑)→w→草」の例をあげて「言葉は言うものではなく、見るものになったんだな」と指摘したことに激しく首肯。風間くんが言ったことと少しずれるかもしれないけど、私は、LINEやfacebook…

ヤスケンさん

キョンキョンの明後日プロデュース第一弾の舞台の相手役が安田顕とかチケットとれる気がしない。

見たいやつメモ

モランディ 鶴来 →ミツメは土日限定オープン

「焼肉ドラゴン」見に行かなきゃ。

ビッグイシュー

ちょっと思い付いたのでメモ。昨日ある人と「God Bless Baseball」がすばらしかったっていう話をしていたのだが、そういえば去年は、GBB以外にも、同じくF/Tで上演された「颱風奇譚」(いずれも国際共同制作)、秋の「あたらしい憲法のはなし」など、政治的…

今年みたもの

1/2 さすらい姉妹 1/3 さすらい姉妹 1/4 さすらい姉妹 1/13 エッグ 3/13 藪原検校 3/15 木ノ下歌舞伎 4/26 天使バビロンに来る/メフィストと呼ばれた男 5/1 幕が上がる 5/9 アンドロイド版変身 5/26 わが星 5/28 再生 6/19 黒船前後 6/25 新・冒険王 6/28 …

世界の果てからこんにちは

というわけで、1.5日の弾丸ツアーで富山へ行った目的は、SCOTの「世界の果てまでこんにちは」を見ることだったのでした。すごく面白かった。 <a href="http://www.scot-suzukicompany.com/works/09/" data-mce-href="http://www.scot-suzukicompany.com/works/09/">世界の果てからこんにちは - 鈴木忠志構成・演出作品 / SCOT SUZUKI's Works</a>www.scot-suzukicompany.com 演劇好き…

転校生

「転校生」(作:平田オリザ、演出:本広克行)の公開ゲネプロを見る機会に恵まれました。いろいろ感じたことはありますが、私が見たのはあくまでゲネプロなので、本番をちゃんと見たら考えをまとめるとして、思い出したのは、舞台作品を見る時の視点の置き…

GVG

昨夜、「2015年劇団☆新感線35周年 オールスターチャンピオンまつり『五右衛門vs轟天』」を見てきました。公演名が長いけど全部意味があるんだす。期待にたがわぬキャラまつりで、笑った笑った。轟天シリーズや紅天狗シリーズのキャラでわからないのもあった…

「S/N」

ダムタイプ「S/N」上映会@東大本郷キャンパス。ダムタイプの伝説の作品。上演は1992年から数年間、日本だけでなく世界各国で行われたらしい。映像は1995年のもの。見れてよかった。 dumb type S/N 1/2 - YouTube

NEWシネマ歌舞伎「三人吉三」

中村勘九郎、中村七之助、尾上松也が出演したコクーン歌舞伎「三人吉三」の映画版。カメラワークも編集も映画にすることを考えられている、れっきとした映画でした(劇場中継みたいなのとは違う)。3時間超の舞台を2時間ちょいに縮めてある。「興味はあるん…

『再生』

岩井秀人×快快「再生」@KAAT すごく楽しかった。何がといって、音楽と踊りが。音と動き。ってすべてじゃん! 言葉なんていらんかったんや! うおおおお!(錯乱)

変身

昨日、再建された(というか名義だけ継承して新生した)早稲田小劇場(のあとに「どらま館」というあんまりかっこよくない字面が続くのですが)で、「アンドロイド版『変身』」(原作:フランツ・カフカ、作・演出:平田オリザ)を見た。フランス語の上演。…

初日

モノノフの皆さんへwww.seinendan.org 青年団の、というか、平田オリザさんの手で「モノノフの皆さん」という言葉が書かれたと思うとなんだか可笑しいですね。今夜、初日、見に行きます。ワクワク。

本読み会

本読み会という、戯曲を読む読書会に参加しました。課題戯曲は真山青果『元禄忠臣蔵』から「御浜御殿綱豊卿」。それぞれに役が振り分けられて、音読していく。やってることはシンプルなんだけど、とっても楽しい! みなさん読むのが達者で、お芝居の知識もあ…

木ノ下歌舞伎「黒塚」

木ノ下歌舞伎の黒塚@こまばアゴラ劇場を見てきました。「うわ、まだ知らない、こんなに楽しいものがあったのか!」と思うぐらい、すばらしかったです。歌舞伎と現代劇が融合したスタイルで、ちょっと笑えるパートもあるんだけど、見せ場もがっつりあって、…

高校で演劇祭とか

母校(高校)のまとめからあれこれ考えてて思ったけど、高校で演劇を必須にするっていうのはいいかもしれないなあ。授業とか、演技のワークショップをするってことじゃなくて、「演劇祭」をするの。毎年でなくても、3年に1回でいいや。他の学年は観客にな…

今年見た舞台

2013年12月 シルヴィ・ギエム×アクラム・カーン 聖なる怪物たち ゆうぽうとホール 2014年1月 NORTH Ⅷ 骨の散る海 上野国立科学博物館前 こq 最新の私は最強の私 油脂越しQ 3331 Arts Chiyoda B104 冬眠する熊に添い寝してごらん シアターコクーン ファッツ…

メモ

引用: 「私は数え年二十九の時、独りでシンガポールの渚に立った。そして突然何とも知れん懐かしさの情緒に襲われた。私は此の時以来日本民族と云うものの、現世を越えた実在を信じている。 数学者岡潔の、雑誌「太陽」に掲載された伊勢神宮特集の巻頭の文…

シンポジウム

ところで、昨夜は藝大千住キャンパスへ行っていた。来月の水族館劇場「嘆きの天使」のプレイベント的なライブ+シンポジウム。主催は毛利嘉隆さん。 第一部のライブは姜信子さん作の「さすらい安寿」で、琵琶のデュオの演奏と水族館劇場の女優の千代次さんの…

万獣こわい

PARCO劇場で「万獣こわい」を見た。こわかった。こわ可笑しかった。ねずみの三銃士は「印獣」「鈍獣」を見てないのでなんともいえないのだが、もっとナンセンスかと思ってたのが予想以上にちゃんとしたお話だったので逆に意表をつかれた。逆に。 しかしみな…

サンプル「シフト」

@東京芸術劇場シアターイースト 昨年の「地下室」に続き二度目のサンプル体験。おもしろかった。(あらすじ、あとで時間がある時に入れる)小さく閉じた共同体のカルト的な気持ち悪さとか、人間の独善的なイヤ〜なところとかを暴く感じは嫌いではない。それ…

熊の棲む森と、燃える水。「冬眠する熊に添い寝してごらん」についての覚え書き

シアターコクーンで「冬眠する熊に添い寝してごらん」を観劇。作・古川日出男、演出・蜷川幸雄。 舞台は北陸。射撃の五輪代表選手の兄と、エリート商社マンの弟。弟には恋人がいて、彼女は詩人。彼女の髪には獣毛のようなメッシュが入っている。弟の恋人を兄…

「ストリッパー物語」

先日、池袋の東京芸術劇場で「ストリッパー物語」を見ました。つかこうへい作、三浦大輔演出の舞台です。出演は、リリー・フランキー、渡辺真起子、でんでん、ほか。 もう七年、八年前になるかなあ、「ポツドールっていう劇団があるんだよ、すごいんだよ!」…