読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蜜柑山の急斜面

日記です。

メモ:音楽について。

今日、昼間にコトリットさんとチャットしていて、いろいろしゃべっておもしろかったんですが、「『半沢直樹』おもしろいよ!」と言われたので、そうかー、コトリットさんもはまってるのかー、と思って、ついにネット動画で第一話を見てしまった。……やばい、おもしろい。

今日は「代休」の日だったので(フリーランスに代休もなにもないけど)、そのまま三話まで続けて見てしまうぐらいの勢いでした。視聴率とれるエンタメドラマってこういうものなのだな。あと、エンタメドラマに向いてる役者さんっちゅうのもあるんやな。漫画じゃん!みたいな感じで、なんていうか劇画すれすれで、あの、iPhoneアプリで写真を劇画調にエフェクトかけるやつがあるじゃないですか、ワンシーンをああいうタッチで加工したらめっちゃはまりそう。でも人物に感情移入できるっていう。

あと音楽。どんな人がつくってるか気になって公式サイトを見た。音楽が服部隆之さんなんですね。過去作に「HERO」って書いてあって、おおおおおって思った。それを見て思い出した。「HERO」のあのテーマ曲、めっちゃ好きだったな。いま思えば、あの音楽を聞くために「HERO」を見ていたのかもしれない。「HERO」の視聴率の何パーセントかは音楽のおかげではないかと思う。「平清盛」のオープニングもそうでした。

で、「あまちゃん」の第1話である。

あのクドカンが朝ドラを!みたいな感じで事前の期待値がすごい上がってて、わくわくしながら朝8時を迎えたのですが、あのオープニング曲を聞いて、もう、なんかすごいテンションがあがった。うわあ、なんか、すげーおもしろいことがはじまりそう!みたいな。うわーうわー、みたいな。あの、心が浮き立つような感じは、忘れられないなあ。

最近、とても印象的な音楽(音楽家)との出会いがあるので、どうしても音楽をつかまえたいと思ってしまう。音楽を語るのは、ドラマや映画(つまりテキストのあるもの)を語るよりずっとずっとむずかしいんだけど、なんか、言葉で。