読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蜜柑山の急斜面

日記です。

シンポジウム

ところで、昨夜は藝大千住キャンパスへ行っていた。来月の水族館劇場嘆きの天使」のプレイベント的なライブ+シンポジウム。主催は毛利嘉隆さん。

第一部のライブは姜信子さん作の「さすらい安寿」で、琵琶のデュオの演奏と水族館劇場の女優の千代次さんのカタリ、それに姜さん自信がナビゲーターとして登場。平家物語安徳天皇入水からの安寿流浪譚。

はじめて琵琶の演奏を聴いたのですが……琵琶かっけー! 思わず「おばあちゃん!私びわほーしやりたい!」と言いそうになりましたよ。元小学校の体育館を改装して作られた藝大千住キャンパスの第7ホールは、時空を飛び超えて、平安時代の鄙の地へと変わってました。

現在、三軒茶屋太子堂八幡神社の境内には「嘆きの天使」公演用の仮設劇場が爆誕中らしいです。今年も十数トンの水がざばざば流れるんだろうなあ!(コ◎ーンとかで水がはねたりすると、あとで掃除すんの大変そうだな…と思って冷めちゃうへそ曲がりなんで、野外劇は気持ちいいんですw)

あとでチケット買いに行ってこようっと。

あと、休演日の5月20日にイベントデーがあって、上述の琵琶デュオのほか、浪曲玉川奈々福さん)、パンソリ、サムルノリという、東アジアの、限界芸術ならぬ限界芸能てんこもりな夕べがあるらしい。これは見たい。だれか行かないかな。