蜜柑山の急斜面

日記です。

そこはいただきますじゃないのか

下町のアパート暮らしのいいところは、暖かくなって窓を開けるようになると、ご近所さんの声が聞こえたりするところなんだけど、ごはんどきに家族が集まる気配ってやっぱりいいものですよね。笑い声が聞こえると、子どもがふざけたかなんかしたのかなあ、とかほっこりした気分になります。しかしここ数日、晩ごはんの時間になると「あけまして! おめでとう! ございます!」と叫ぶのが流行ってるっぽいのはなぜなんだぜ。