読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蜜柑山の急斜面

日記です。

メモ

言葉

とりたてて嫌なことを言われているわけではないのに、なんだかこの人との会話疲れるな、気持ち悪いな、安易にあいづちを打ちたくない気持ちにさせられるな、と思うときは、その相手がなにかしらの「仮想敵」をつくって論を立てているときが多い。多数派の意見を仮想して少数派の立場から何か(正しさとか面白さとか)を訴えるとか、リア充を仮想敵として自らはおたくとか非モテの立場をことさらに装うとか。あるいは、誰かの立場を偽装してしゃべるとか。たいていの場合その人は意識してそうしているわけではなく、単にそういう癖がついているだけなので、こちらが何か対策できるわけではない。イヤなら避けるしかない。また、そういうのがいちいち気に障るのはむしろ同じ穴のむじなだからかもしれないので気をつけよう。。