蜜柑山の急斜面

日記です。

バス

高速バス、3人しかお客さんいない。しーんとしてる。夜行と違って景色が動く。中央道の山並み。東京に着いてほしくない。このままずっと田舎道を走り続けてほしい。アイオワからシカゴへ向かうグレイハウンドや、バンコクから南へ向かうタイの長距離バスを思い出す。「新・冒険王」を見たあとにもういい年だし辺境はいらないかなと思ったけどやっぱりこの寄る辺ない感じには親しみを覚える。