蜜柑山の急斜面

日記です。

「まれ」は、希(ともしかしたら徹)が、本当に地に足をつけて歩き始めるまでの、壮大な前日譚なのではないかという気がしてきた。

たぶん、終わりがはじまりなんやで。