蜜柑山の急斜面

日記です。

木ノ下歌舞伎「東海道四谷怪談ー通し上演ー」

木ノ下歌舞伎「東海道四谷怪談ー通し上演ー」。三幕、6時間。有名な伊右衛門・お岩だけでなく、出てくる人出てくる人ひとりひとりみんな息が吹き込まれていた。「何がしたかったんだ、俺は…!」の台詞はすごい心の叫びだし、「東海道四谷怪談」がそんなヒリヒリした生を感じさせるお話だとはこれまで知らなかったよ!  鶴屋南北かっこいい!と思わせてくれた木ノ下歌舞伎かっこいい!『木ノ下歌舞伎叢書 東海道四谷怪談』の刊行が待たれる。