蜜柑山の急斜面

日記です。

今年の大河

ここまで「おんな城主 直虎」をみてきて改めて気づいたのだが、この大河は、わたしが戦国時代でもっとも「わけわからん」と思ってた時代を描いてくれているのだなあ。愛知県民なので「三英傑」のことはざっくりとは知っているのだが、家康がなんで正室と嫡男を殺さなければいけなかったのかとか、いまひとつ腑に落ちてないもんなあ。ずっと人質暮らしだった弱小松平家がなんで天下統一を果たせたのかとかも全然わからんし。もちろん所詮フィクションなんだけど、なんらかの解釈を提示して見せてくれるんだろうと思ってどんどん楽しみになっている。ありがとう、直虎。

実は、テレビドラマとしてそれほど好きなタイプの作品ではないのだけれど。森下佳子作品は、クオリティーが高いことはわかるしおもしろくないわけではないのだけれど、純粋な「ドラマをみる快楽」に欠けるのであった。