蜜柑山の急斜面

日記です。

自転車に乗った、中学生くらいの声変わり真っ最中の男の子たちが「資本主義みたいにひとりが強いってことないんだよ。社会主義になればみんな平等」「そうしたら外にでなくても…」という会話をしながら通り過ぎていった。なにがどうなってそんな話題になったのか気になる。