蜜柑山の急斜面

日記です。

切られの与三

コクーン歌舞伎「切られの与三」見てきた! 主演中村七之助さん。補綴に木ノ下歌舞伎の木ノ下裕一さんが入るということで、これは見なければ!と。

18:30開演、休憩2回挟んで21:45ごろ終演という比較的長い上演。一幕こそ疲れもあってうとうとしてしまったのだが、ニ幕から三幕にかけてのストーリー的な盛り上がりがすごかった。与三は聖人君子じゃないしダメボン(ダメなボンボン)だけど走って走って死にそうになるまで走ってもういっそ殺してくれというところまで走るんだけどそれでも生きさせられるのね。。ラスト、感動してうっかり泣きそうになってしまった。ダメボンなのに。。

それにつけても、杉原邦生さんか多田淳之介さんの演出で見たかったなー。音楽も美術も串田さんっぽくて洒脱でオシャレなのだが、内容にフィットしてないというか、スカスカに見えてしまった。もっとみっしり感が欲しかった。