蜜柑山の急斜面

日記です。

毎度ツイッターでネタになる「飲み会でサラダを取り分ける女/取り分けない女」ですが、私、サラダに限らず何かを誰かに取り分けることは極力避けて生きているぞ。なぜなら意味を考えすぎてしまうからだ。どんな基準にもとづいて「取り分け」をするのか。均等か? 平等か? 重量的におよそ均等になることを意図して取り分けたとして、ひとりは大食いでひとりは小食だったとする。ならば大食いの人に少し余分にあげたほうが満足度から言えば平等ではないのか? しかしこの人は大食いか小食かをどのようにして見分けるのか。体がでかいからといってたくさん食べるだろうというのは先入観てやつではないのか。そもそも厳密に均等に取り分けることは可能なのか? 重量が同じでもパスタが多いのと具が多いのではどちらが得なのか? 自分の分を多くよそってると思われるのも嫌だ。この人はこっちのバジリコじゃなくてあっちのトマトソースが食べたいんじゃないのか? でもそれをわざわざ聞くのもこれみよがしだ……結果「取り分けない」という行動を選ぶ。そのかわりにテーブルが長い場合などは「こっちのお皿、手のばせます?」みたいなことは聞くようにしている。