蜜柑山の急斜面

日記です。

ゲキシネ

見逃していた「髑髏城の七人 Season鳥」をゲキシネで見た。筋書きはだいたいわかってるのに楽しめるのはなぜなんだ。隣の席の女の子が引くほど号泣していた。たしかに「エモい」話ではあるが(いいやつらが無残に殺される)、そこまで泣けるのはゲキシネ(映画的に編集した映像を映画館で見る)だからだよなと芝居と映画の違いを思うなど。